神奈川県民が通える趣味のお教室体験

Just another WordPress site

*

vakモデルとは

   

VAKモデルという言葉、聞いたことがあるでしょうか。

人と、人は、コミュニケーションにギャップを持っています。
それは、人によって、どの五感を重視しているのかが大きく変わってくるからです。

五感というと、視覚、聴覚、味覚、嗅覚、身体感覚と、ありますが、

VAKモデルでは、
V(visual)←視覚
A(auditory)←聴覚
K(kinestuc)←身体感覚

の三種類から考えていきます。

では、VAKモデルを自分に活用する方法を説明していきますね。

視覚優位の方は、目で見ながら学習すると、効率が良くなります。
聴覚優位の方は、オーディオで音を聞きながら学習するのがオススメです。
身体感覚優位の方は、身体を使うことで、学習の効率が良くなります。

VAKモデルを相手に対して活用する方法は、
視覚優位の方へは、絵や写真などを見せながら話すとスムーズにコミュニケーションが取れます。
聴覚優位の方へは、じっくり話すことでスムーズにコミュニケーションが出来ます。
身体感覚優位の方へは、
商品や説明したいものを触ってもらうなどすると、上手くコミュニケーションが取れます。

このようにして、人の感じ方の違いにも意識できるようになることが出来ます。

VAKモデルはNLPの一つの用語です。

NLPが学べる格安のスクールはこちらがオススメです!

 - 心理学スクール 

  関連記事

神奈川県民が選ぶ心理学教室体験

最近では心理学を習い事として気軽に習えるというのを皆さんご存知でしょうか? まだ …

no image
カウンセリングとコーチングって違うの?

コーチングとカウンセリング、似ている印象がありますが、違いはあるのでしょうか。あ …